当ブログについて(固定)
2037 / 01 / 01 ( Thu )
湖西線車両
今回は写真。
湖西線を現在も走る車両です。

当ブログは、2004年11月に同名サイトの1コーナーとしてスタートしました。
当初はマンガ・イラスト中心のブログになる予定でしたが、近年は色名事典・プチグルメ(主に変わったドリンク、スイーツの感想)・果ては音楽動画まで様々な事に手を出してしまい、自分でも混乱する位でした。
気まぐれな性格なので、これからも基本スタンスはほとんど変わりませんが、芸術系ブログである事を忘れない事、そして、一度手を出した物事はきちんと一つの形に仕上げる事を心に決めました。
この固定記事は、当ブログの性格を明確にすべく授けた所謂トップです。
これからもここにイラストや自分で撮った写真を更新しますので、どうぞよろしくお願いします。

当ブログに関するお願い。
※1)様々な事に手を出してますので、過去記事をお探しの方は、検索か各カテゴリーをクリックされる事をお勧めします。
※2)当ブログはリンクフリーです。
   リンクはトップページにお願いします。
※3)現在、管理人が作成したマンガやイラストの多くは投稿サイトにアップさせて戴いてますが、当ブログの方にアップしている作品の内、一部女性向けや萌え的表現の作品が含まれている場合がございますので、苦手な方はご容赦願います。
※4)当ブログの全ての画像を無断で転載する事を禁止します。

※5)なお、私は一連の法の力による表現規制には断固反対しています。

そこで現在、国民の基本的人権と安全を考える有志のブログや、「エンターテイメント表現の自由の会」(AFEE エーフィー)を始め、表現自由の為に行動する個人・団体に賛同し、可能な範囲で応援しています。
彼等の理念や最新情報は、上記のリンクやサイドのブログパーツから確認できます。


最後に、AFE48(チームF)のえん太をどうぞごひいきに(笑)。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 01 : 26 | ギャラリー(CG) | トラックバック(0) | page top↑
【重要】2020年東京五輪に於ける展示会場問題に関する署名協力のお願い
2020 / 10 / 10 ( Sat )
皆さんはビッグサイト問題をご存知でしょうか?
2019年度〜2020年度中盤、ビッグサイトが東京五輪のメディアセンターとなり、特に2020年4月〜10月の間は完全閉鎖される為、その期間本来ビッグサイトで開催されていたイベントや展示会が中止の恐れがあると言うもの。
(幕張も五輪用の施設になります)

そこで一般社団法人日本展示会協会様が、2017年2月から以下の通り署名を募っています。
(以下のバナーから特設サイトにお入り下さい)

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!

!)バナーから特設サイトに入り、署名の前に代表のメッセージ及び公式声明文を読んで下さい。
2)署名には署名用紙、オンラインがあり、更にそれぞれA〜Gまで用紙のタイプがあります。
  当ブログに来られる多くの方の場合(同人のサークル参加も含め)、Fタイプでいいと思われます。
3)署名用紙をプリントアウトする場合、用紙に記載された郵送先に送付して下さい。
4)今の所、〆切の報告は無い様です。
 (判明しましたら、当記事で発表します)

これは決してオタクや腐女子だけの問題ではありません。
実に多くの、そして様々なジャンルの企業・団体・個人が大打撃を受ける事になります。
地方の展示場はどこも大きさが不十分で、分散開催するにも奪い合いになります。
これはコミックマーケットやコミックシティ等、同人イベント以外のほとんどのイベントにも言える事なのです。

皆様のご協力をお願いいたします。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

15 : 05 : 47 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
色名事典、メーカー追加のお知らせ
2018 / 04 / 17 ( Tue )
久々に、色名事典に使用するメーカーの略号を追加します。

MJ ミジェロジャパン(韓)

透明水彩絵具ミッション(Mission)シリーズを擁するメーカーです。
ご存知の方も多いかと思いますが、この中の上級レベルと言えるゴールドクラスが、その発色の良さで今年のTOKYO画材ショーで話題になリました。
私自身はまだ実際に触れたことはないのですが、独自の色名を持っていることもあり、無視できません。
色名だけでなく、画材そのものの体験談も報告できたら、と思います。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 14 : 17 | 色名事典コラム | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(緑系統・その99)
2018 / 03 / 19 ( Mon )
DEEP GREEN
ディープグリーン(DEEP GREEN)
ワイルドパステル(MW) オイルパステルU541(HL)、他
DEEP GREEN2
アクリルガッシュ45(TN)
DEEP GREEN3
クレパススペシャリストESP#131(TL)
DEEP GREEN2
ZIGアート&グラフィックツイン055(KT)
その名の通り、深い緑色。
ちなみに色彩学的にディープ(deep)は、PCCSの場合、ダークよりは明るく鮮やかな色群、IBSS-NBSではダークよりやや鮮やかな色群を指します。
先述のダークグリーンより多くの画材で採用されていますが、この色も色名の定義が漠然とし過ぎている為、メーカーによって色調が異なります。

ディープグリーン(1)
ディープグリーン(1)(DEEP GREEN(1))
ヌーベルカレーパステル085(TL)
ディープグリーン(2)
ディープグリーン(2)(DEEP GREEN(2))
ヌーベルカレーパステル100(TL)
カレーパステルにおけるディープグリーンの色群。
色調は(1)は色名通りですが問題は(2)。
同製品のブルーグリーン(1)と入れ替えたらいいのでは?と思える位青味が強いです。

GOGH DEEP GREEN
ゴッホディープグリーン(GOGH DEEP GREEN)
Kobe INK物語 美術シリーズ(NS/SW)
ボストン美術館の至宝展が2017年10月28日〜 2018年2月4日の間、神戸市立博物館で開催されました。
古今東西80点が勢ぞろいした中、目玉は初来日となったゴッホのルーラン夫妻の肖像画。
1888年、ゴッホはまず夫ジョゼフの肖像画を完成させ、続いて妻オーギュスティーヌの肖像画に取り掛かりますが、その途中でゴーギャンと衝突、例の事件を起こしてしまいます。
入院後も変わらぬ夫妻、特にオーギュスティーヌの優しさに報いたいと思う気持ちが原動力となり、ゴッホが懸命に描き上げたのが、美術シリーズ第9弾のモチーフとなった「子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人」です。
作品でオーギュスティーヌは子供を案じてか、ゆりかごの紐をしっかり握り、やや険しい表情を見せています。
様々な彩度・明度のグリーンが組み合わされていますが、その中から彼女の着用している普段着のドレスの色を思わせる深みのある落ち着いたグリーンが再現されました。
Kobe INK物語の中では最も濃い、やや青みの深緑です。
特別限定販売なので、オンラインショップでご確認を。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 14 : 26 | 画材の色名事典(緑系統) | トラックバック(0) | page top↑
画材の色名事典(青系統・その86)
2018 / 03 / 16 ( Fri )
DEEP BLUE2
ディープブルー(DEEP BLUE)
インクテンス0850(DW)
DEEP BLUE
ZIGアート&グラフィックライン036(KT)
ディープ(deep)は、(色調等が)深い、の意味。
色彩学ではダークよりやや明るい色調を指します。
基本の色名のはずですが、画材の世界ではプルシャンブルーやインディゴ等に押されてか、活躍の場があまりありません。
また、漠然とした色名のせいか、メーカーによって色調が異なります。

GOGH DEEP BLUE
ゴッホディープブルー(GOGH DEEP BLUE)
Kobe INK物語 美術シリーズ(NS/SW)
ボストン美術館の至宝展が2017年10月28日〜 2018年2月4日の間、神戸市立博物館で開催されました。
古今東西80点が勢ぞろいした中、最大の目玉は、ゴッホが手がけたルーラン夫妻の肖像画が揃って初来日したこと。
郵便配達人のジョゼフとその妻オーギュスティーヌは、アルルにおけるゴッホの一番の友人で、3にんの子供も合わせて肖像画のモデルにするなど、長く親交がありました。
やがてゴッホはゴーギャンとの共同生活に敗れたことから例の事件を起こし、アルルを離れ入院生活を余儀なくされますが、ゴッホの本来の人柄を知るルーラン家だけは優しい目を向け、ジョゼフが見舞う他、弟テオへ手紙を配達するなど引き続きゴッホを支えますが、マルセイユに転勤になったことから、ゴッホと別れざるを得なくなります。
この美術シリーズ第8弾となるディープブルーは「郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン」でジョゼフが着用していた郵便配達人の制服の色をイメージ。
鮮やかさと落ち着きを併せ持つ、Kobe INK物語の中では最も濃いブルーです。
特別限定販売なので、オンラインショップでご確認を。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 00 : 31 | 画材の色名事典(青系統) | トラックバック(0) | page top↑
SNKアートギャラリー
2018 / 03 / 03 ( Sat )
久しぶりに梅田ロフトに行ったところ、SNKアートギャラリーが開催されていたので行ってみました。
すると、SNKの格ゲースターが勢ぞろいしていました。

KIMG0139.jpg

今回の展示会、作品に触ってはいけないものの、撮影とSNSアップはOKだったので、可能な限り撮影しました。
(万一、何か問題が発生しましたら、画像は削除します)

KIMG0125.jpg

KIMG0126.jpg

KIMG0128.jpg

KIMG0130.jpg

KIMG0131.jpg

KIMG0133.jpg

KIMG0136.jpg

KIMG0137.jpg

KIMG0135.jpg

ちなみに当時は一枚絵に関してはアナログからデジタルへの過渡期であり、キャラクターデザインのヒロアキ氏も、メイキング本で確か人物はマーカー、背景はPhotoshopで仕上げていた記憶があります。
実に有意義な一日になりました。

ポスターにある通り、4日までなのでお早めに。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

01 : 12 : 17 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
ZERO展2018
2018 / 03 / 01 ( Thu )
去る27日、今年もZERO展に行ってきました。
ただ、今回は会員で審査員の方と長年の知り合いでもある母が同行しました。
元々母は、芸術品の観賞が好きです。

この前も、京都マラソンとバッティングすることを承知でゴッホ展に行ったくらいです。
でも、この母の社交性の高さのおかげで、実際に作品を出している会員さんに貴重なお話を聞くことができました。

この方は、過去のZERO展で受賞歴もあるのですが、どうも伸び悩んでいるらしく、コミュ障の私が聞いていても言動に若干ネガな点が見受けられました。
そんな彼に少々お節介な性分の母は、こちらが見ていてヒヤヒヤするくらい何の躊躇も無く彼にツッコミを入れ続けたのです。
しかし、それが却って幸いしたのか、話のやりとりをする内に彼もすっかり自信を取り戻した様でした。
そして、本来会うべきの審査員の方が来たことを伝えてくれたのが、なんと彼でした。
その後、改めて二人が出展した作品を鑑賞したり、写真を撮ってもらったりで、楽しいひと時を過ごしたのです。

彼もまた「描かなかったら始まらない」と言っていました。
画風や色に迷いながらも必死で描く彼の存在を知って、イラストと色名事典とどちらを先に手がけるか、それぞれの中でもどれを先にするか迷う内に日が暮れる日々を手放さなければ、と思いました。

今回は、いつもと違う意味で有意義でした。


3月4日(日)まで。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

02 : 12 : 40 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ