【重要】2020年東京五輪に於ける展示会場問題に関する署名協力のお願い
2020 / 10 / 10 ( Sat )
皆さんはビッグサイト問題をご存知でしょうか?
2019年度〜2020年度中盤、ビッグサイトが東京五輪のメディアセンターとなり、特に2020年4月〜10月の間は完全閉鎖される為、その期間本来ビッグサイトで開催されていたイベントや展示会が中止の恐れがあると言うもの。
(幕張も五輪用の施設になります)

そこで一般社団法人日本展示会協会様が、2017年2月から以下の通り署名を募っています。
(以下のバナーから特設サイトにお入り下さい)

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!

!)バナーから特設サイトに入り、署名の前に代表のメッセージ及び公式声明文を読んで下さい。
2)署名には署名用紙、オンラインがあり、更にそれぞれA〜Gまで用紙のタイプがあります。
  当ブログに来られる多くの方の場合(同人のサークル参加も含め)、Fタイプでいいと思われます。
3)署名用紙をプリントアウトする場合、用紙に記載された郵送先に送付して下さい。
4)今の所、〆切の報告は無い様です。
 (判明しましたら、当記事で発表します)

これは決してオタクや腐女子だけの問題ではありません。
実に多くの、そして様々なジャンルの企業・団体・個人が大打撃を受ける事になります。
地方の展示場はどこも大きさが不十分で、分散開催するにも奪い合いになります。
これはコミックマーケットやコミックシティ等、同人イベント以外のほとんどのイベントにも言える事なのです。

皆様のご協力をお願いいたします。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

15 : 05 : 47 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2018〜その4・四天王寺ワッソ
2018 / 11 / 06 ( Tue )
4日、四天王寺ワッソに行きました。
今年は結成40周年の金徳洙(キム・ドクス)サムルノリが参加すると言うことで、どうしても行きたかったのです。

この日は快晴とまではいかなくてもなかなかの好天でした。
まず、観客を出迎えたのはたいしくん、まなりくんと言ったゆるキャラたちでした。
続いては、おなじみの白頭学院伝統芸術部。
彼らのサムルノリは急激にレベルが上がっていますが、その様子をやはりサムルノリの扮装の小学生くらいの子供たちが見ていたのも印象的でした。

そしていよいよ金徳洙サムルノリが登場しました!
1986年に来日した時のメンバーはキムさんだけでしたが、予想を超えるパワフルさに圧倒されました。
本当に来て良かったと思いました。

しかし、今年はいつものプログラムも充実していました。
いつものメンバーのラジオ歴史劇のテーマが「朝鮮通信使と雨森芳洲」。
ほとんどミニコントながら、巡行に登場する対馬の儒学者・雨森芳洲の人物像や活躍が初めて明確になりました。
また、今年は芳洲に彼の子孫が扮し、会場を驚かせました。

今年の巡行は韓国から百済文化祭の広報スタッフや小学校の伝統芸術部の子供達なども参加していつも以上に華々しかったのはいいのですが、後半、百済の辺りから参加者が多過ぎて渋滞気味になってしまいました。


なお、来年は11月3日(日・祝)に開催されることが決まっています。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 21 : 16 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧201〜その3・京都アートめっせ2018(その3)
2018 / 11 / 01 ( Thu )
(その2からの続き)

しかし今年一番の話題は、
クサカベ様のブースで透明水彩の色見本を作った事でしょう!
クサカベ色見本
(落選しましたが)写生大会の表彰式と被ってしまい、大急ぎで全色乗せ、帰宅してから仕上げました。
透明水彩に関しては、クサカベ様の色調が一番好きです。
(ちなみにアクリルガッシュはホルベイン、カラーインクはDr.マーチン、アルコールマーカーはコピックです)


また色々お話を聞くことができました。
①ホルベインアクリリックインクは、主線入れができるほど耐水性は高くない。(着彩後に上がらペン入れするのはOK)
ただ、スーパーオペークブラックはモノクロ原稿に使えます。
②立川ピン製作所様から11月にジェットブラックインクが新発売。
名前ほど漆黒度は高くはありませんが、水性絵具、アルコールマーカーのどちらの主線にも使え、消しゴムをかけても色褪せないと言う優れもの。
③新しい顔料インミンブルー(PB86)を使用した製品が、すでにクレヨラ社からブルーティフルブルーの色名で販売されていますが、今年中に発売予定とされていたパーフェクトブルー(TN)の製品は、まだどれも登場していません。
しかし来年初め頃に発売する時は、ターナー様がデカデカと宣伝するはずです。

スマホの影響か、またアナログ画に興味を持つ人が少し増えてきているようです。
また、毎年新しい製品が開発され、販売されています。
当然ながら、来年も行きます。



(了)




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 53 : 15 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧201〜その3・京都アートめっせ2018(その2)
2018 / 10 / 30 ( Tue )
(その1からの続き)
もちろん、今年もあちこちで落書きをしてきました。

まずは、ヒューマンアカデミー様でのペン入れ体験。
下書きをしないとこう言うことに・・・。
つけペン画

次はカランダッシュ様の作例。
水に溶けるクレヨン、ネオカラーⅡはかなり大きな作品も描けそうです。
この双子には設定がありまして、天然なお姉ちゃんとイラつく弟くん。
カランダッシュ

ホワイトアイビスなのでサギを書いたはず。
全然似てないじゃ無いですか。
まさしくサギ

中里様では筆が主役でした。
画材は顔彩でしたが、筆先が本当に柔らかく、思い通りに太さや角度を調節できました。
主役は筆

しかし、今回最も話題になっていたのは、Twitterでもおなじみミジェロジャパン様です。
韓国のメーカーで独特の発色が話題となっています。
実際、人気のブルーバイオレットを試しましたが、確かに色の分離がきれいです。
日本では楽天とAmazonだけで、店頭販売できるところが無いのが悩みだそうです。
そのためには7ml全色揃えることをお願いします。
初めてのミジェロ


(その3に続く)


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

11 : 56 : 29 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧201〜その3・京都アートめっせ2018(その1)
2018 / 10 / 30 ( Tue )
掲載は前後しますが、去る10月13・14日、京都アートめっせアートめっせに行ってきました。

平安神宮2018

みやこめっせまでの道中にある路面電車。
中で何かお店を開いている訳ではありませんが、人通りの多い公園に馴染んでいます。
路面電車

そして今年の看板。
明言はされていませんが、ポスターコンテストがあった時からの「5歳の私は天才だった」と言うテーマが今回も込められています。
アートめっせ看板


(その2に続く)



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 27 : 28 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2018〜その2・京都写生大会
2018 / 09 / 26 ( Wed )
9月24日、母と一緒に今年も京都市動物園に行きました。
恒例の写生会に参加するためです。
私はペンギンを描きましたが、作品を提出してしまったので・・・、

この子達をアップしておきます(笑)。

京都市動物園2018

結果は、10月14日のアートめっせ京都で判明します。
作品は13日から展示されます。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

20 : 41 : 13 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
芸術三昧2018〜その1・大OSAKA画材まつり(後編)
2018 / 09 / 22 ( Sat )
(前編からの続きです)

両日共一般参加者が多く、なかなか落書きができませんでしたが、その中で最善を尽くしました。
(※照明の都合で画像がわやくちゃになってしまった事をお詫び申し上げます)

落書き・その1
まずは三菱のユニカラー。
かなり柔らかく色がしっかり乗るので、丁寧に重ねれば完成度の高い作品ができると思いました。

落書き・その2
次はトンボのABT。
作例は赤ですが、かつてこれの淡い水色を持っていた事があります。
モノクロ原稿で、トーンの指定をするために線を引いたり時には潰すのです。

落書き・その3
これはガラケーの影が残念すぎる、オリオンのワーグマン。
細目か中目かは忘れましたが、透明水彩の発色は最高でした。

落書き・その4
これも残念な画像になったオリオンのアクリルデネブ。
印刷がある事から中目だとわかります。
アクリルデネブは中目なら透明水彩もOKだと判明しました。

そして極め付けはTMKポスター(左)vsランプライト(右)と言う、ミューズ同士の対決!
TMKポスターとランプライト
それぞれ線画がプリントアウトされた塗り絵で、使用したのは同じ固形水彩。
本当は色も揃えるべきでしたが、これでも発色の差は歴然でしょう。
とは言え、TMKポスターもカラーインクやアクリルには使えます。
ボードも発売されてますし。

楽しかったですが、人が溢れそうになっていたので、次回はもう少し会場を広げても良いように思いました。

もちろん、来年も参加します。

(了)


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 33 : 38 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ