【重要】2020年東京五輪に於ける展示会場問題に関する署名協力のお願い
2020 / 10 / 10 ( Sat )
皆さんはビッグサイト問題をご存知でしょうか?
2019年度〜2020年度中盤、ビッグサイトが東京五輪のメディアセンターとなり、特に2020年4月〜10月の間は完全閉鎖される為、その期間本来ビッグサイトで開催されていたイベントや展示会が中止の恐れがあると言うもの。
(幕張も五輪用の施設になります)

そこで一般社団法人日本展示会協会様が、2017年2月から以下の通り署名を募っています。
(以下のバナーから特設サイトにお入り下さい)

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!

!)バナーから特設サイトに入り、署名の前に代表のメッセージ及び公式声明文を読んで下さい。
2)署名には署名用紙、オンラインがあり、更にそれぞれA〜Gまで用紙のタイプがあります。
  当ブログに来られる多くの方の場合(同人のサークル参加も含め)、Fタイプでいいと思われます。
3)署名用紙をプリントアウトする場合、用紙に記載された郵送先に送付して下さい。
4)今の所、〆切の報告は無い様です。
 (判明しましたら、当記事で発表します)

これは決してオタクや腐女子だけの問題ではありません。
実に多くの、そして様々なジャンルの企業・団体・個人が大打撃を受ける事になります。
地方の展示場はどこも大きさが不十分で、分散開催するにも奪い合いになります。
これはコミックマーケットやコミックシティ等、同人イベント以外のほとんどのイベントにも言える事なのです。

皆様のご協力をお願いいたします。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

15 : 05 : 47 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
須飼秀和展
2018 / 06 / 15 ( Fri )
BB_PLAZA

去る6月13日、新聞の広報で「SL人吉」を見たのをきっかけに、母と共に須飼秀和展に行ってきました。
初めて行ったBB Plazaは神戸ミュージアムロードの南エリア、阪神岩屋駅すぐにあります。
決して大きくなかったのですが、多くの作品が展示されていました。

実際に旅して描いたスケッチをもとに鮮やかで力強い色彩で仕上げられた作品は、多くは小型だったのですが、中には大作もありました。
須飼氏は1977年生まれで私より一回り年下です。
そのためか、日常的なモチーフで画材もポスターカラーがメインにもかかわらず、感性的に若さを感じました。
絵本「うなぎのうーちゃん」の原画も物語とともに展示されていましたが、途中、「うーちゃん、君は女(メス)!」と心の中で叫んでしまいました。
理由を探してみてください(笑)。


須飼秀和展は17日まで。
最後の週末は天気も良さそうです。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 56 : 48 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
関空にて〜2018年5月(後編)
2018 / 05 / 14 ( Mon )
(前半からの続き)
そして遂に、今回の目玉シンガポール航空(SIA)787-10登場!!

全長68.3m、747-400よりわずかに小さいこの最新鋭機は主に777-200やA330-300の後継機と位置付ける航空会社が多いようです。
そしてSIAが同機の世界初の定期便として関西空港を選んだ事でも話題になっているんです!
KIMG0163.jpg

この日は撮影のタイミングとしては実に良く、離陸までしっかり見届ける事が出来ました。
しかし、撮影した画像の質が・・・。
買い換えたガラケーの画像は解像度が低いようです。
KIMG0166.jpg

78X以外では、GWと言う事でタイ国際航空(THA)もA380-800を使用していました。
KIMG0175.jpg
ズングリと愛嬌があって、747とは違い魅力があります。
KIMG0176.jpg
なお、ライバルのA350-900は、どの航空会社も夕方のラッシュアワー時に投入している様でした。

これからどんどん最新鋭機が関空に投入される事でしょう。
そこでできるだけ早く、iPadを導入する必要を感じました。


(了)



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 34 : 40 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
関空にて〜2018年5月(前編)
2018 / 05 / 06 ( Sun )
去る5月5日、久々に関空に行きました。
高速バスに乗り遅れたために朝の便に遅れたものの、肝心の最新鋭機の離陸時刻には何とか間に合いました。
第1ターミナルビル4階を出た所は、意外な撮影スポットとなっています。
KIMG0147.jpg

この日は晴れで、展望台はすでに見物客で溢れ返っていました。
丁度午前のラッシュアワーで、飛行機達も並んで出発の時を待っていました。
KIMG0150.jpg

そんな中、珍しい飛行機を見かけました。
貨物専門のカーゴルクス・イタリア(ICV)航空の747-400Fです。
何度も関空には来ていますが、この機体を見るのは初めてです。
KIMG0155.jpg

そして、いよいよ、78X離陸の時が近づいてきました。


(後編に続く)

FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 21 : 47 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
SNKアートギャラリー
2018 / 03 / 03 ( Sat )
久しぶりに梅田ロフトに行ったところ、SNKアートギャラリーが開催されていたので行ってみました。
すると、SNKの格ゲースターが勢ぞろいしていました。

KIMG0139.jpg

今回の展示会、作品に触ってはいけないものの、撮影とSNSアップはOKだったので、可能な限り撮影しました。
(万一、何か問題が発生しましたら、画像は削除します)

KIMG0125.jpg

KIMG0126.jpg

KIMG0128.jpg

KIMG0130.jpg

KIMG0131.jpg

KIMG0133.jpg

KIMG0136.jpg

KIMG0137.jpg

KIMG0135.jpg

ちなみに当時は一枚絵に関してはアナログからデジタルへの過渡期であり、キャラクターデザインのヒロアキ氏も、メイキング本で確か人物はマーカー、背景はPhotoshopで仕上げていた記憶があります。
実に有意義な一日になりました。

ポスターにある通り、4日までなのでお早めに。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
more...

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

01 : 12 : 17 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
ZERO展2018
2018 / 03 / 01 ( Thu )
去る27日、今年もZERO展に行ってきました。
ただ、今回は会員で審査員の方と長年の知り合いでもある母が同行しました。
元々母は、芸術品の観賞が好きです。

この前も、京都マラソンとバッティングすることを承知でゴッホ展に行ったくらいです。
でも、この母の社交性の高さのおかげで、実際に作品を出している会員さんに貴重なお話を聞くことができました。

この方は、過去のZERO展で受賞歴もあるのですが、どうも伸び悩んでいるらしく、コミュ障の私が聞いていても言動に若干ネガな点が見受けられました。
そんな彼に少々お節介な性分の母は、こちらが見ていてヒヤヒヤするくらい何の躊躇も無く彼にツッコミを入れ続けたのです。
しかし、それが却って幸いしたのか、話のやりとりをする内に彼もすっかり自信を取り戻した様でした。
そして、本来会うべきの審査員の方が来たことを伝えてくれたのが、なんと彼でした。
その後、改めて二人が出展した作品を鑑賞したり、写真を撮ってもらったりで、楽しいひと時を過ごしたのです。

彼もまた「描かなかったら始まらない」と言っていました。
画風や色に迷いながらも必死で描く彼の存在を知って、イラストと色名事典とどちらを先に手がけるか、それぞれの中でもどれを先にするか迷う内に日が暮れる日々を手放さなければ、と思いました。

今回は、いつもと違う意味で有意義でした。


3月4日(日)まで。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

02 : 12 : 40 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
Adobe MAX JAPAN2017(その3)
2017 / 12 / 04 ( Mon )
(その2からの続きです)

セッションの合間やBEER BASHの時には、アドビブースで遊びました。
中でも長く居たのがAdobe SenseiのWetbrushデモコーナー。
Adobe Senseiの画像検索エンジンを活用して、タブレットの上で油絵を体験できると言うもの。
下図は抽象画で描かれていた女性の絵を漫画絵にリメイクしたもの。
(前の人の承諾を得ています)
WEBBRUSHの作例
この絵もガラケーで撮影後、次の人達の為に消されました。

センターステージを中心に、何故かサバンナの八木さんとなかやまきんに君によるにわかコンビ「ザ☆健康ボーイズ」が活躍していました。
これもAdobe MAX Japanの規模が大きくなった証でしょう。

そして、参加者が描いた寄せ書きを。
寄せ書き

こうしてAdobe MAX Japan2017は、華々しく幕を下ろしたのでした。

(了)
more...

テーマ:イベント - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 54 : 14 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ