「未来に続くお祭り騒ぎ」〜そうさく畑FINALイラコン参加作品
2016 / 12 / 02 ( Fri )
そうさく畑FINALイラコン応募作品

去る11月6日に行われたそうさく畑FINALで行われたイラストコンテストに参加した作品。

テーマを思いつくのに時間がかかりましたが、そうさく畑FINAL、しかもポートアイランドで開催と言うことで、神戸を舞台に、いつものオリキャラ連中をアレンジしてお祭り騒ぎさせることにしました。
『創作の魔法』にかかって、みんなが厨二病状態になってるのですね。

そして、
そうさく畑は終わっても、故・武田圭史氏やそうさく畑への愛情、そして、創作による魔法が消えることはない。
それが、私が作品に込めた本当の願いです。
同人経験はあるものの、ジャンルが芸能(お笑い)だったので、そうさく畑はイラストコンテストだけの参加でしたが、それでも何もせずに最後を見届けるわけにはいかなかったのです。
(チラシ絵を送ったのも、同じ理由です)

使用用紙はこの日の為に購入したB3のイラストボード。
当時はB4やB3の絵もよく描いていたのを思い出しました。
画材は家にあるほとんどの種類を使用(色はそれぞれ数色ずつ)。
これも、創作をテーマにしたが故です。
下書きで大失敗したり、使えなくなっていた画材があったり、と本当にめちゃくちゃでしたが、一日前に無事完成、額に入れることができました。

コンテストは当然のごとく落選、参加賞に終わりましたが、スタッフの方に手渡されたお二人の方からの温かいメッセージが、私にとっては何よりのご褒美でした。
そうさく畑がいつ復活するが分かりませんが、私は浜甲子園にいた時の様に、いや、それ以上に絵を描き続けようと決意したのでした。



作品データ
用紙:ミューズキャンソンケント(ボード)B3
   真っ白で、明らかに細目。
   非常にペン入れしやすい一方で、ケントにしては吸水性もあります。
   ほとんどボードで売られています。(以下ボードと表記)
画材:カラーインク(Dr.マーチン)
   海洋系二人の着色に。染料の力で上手く馴染んでくれたけど、ピンク系を切らして大変な事に。
   透明水彩(クサカベ ターナー)
   主に最前部の女の子二人の着色に。なかなかボードに馴染んでくれなかった。
   アクリルガッシュ(ホルベイン)
   バンド三人はほとんどコレ。ボードと相性バッチリで、頼もしい存在。
   アクリル絵具(リキテックス・リキッド アクリリックフルイド)
   どちらもボードとの相性は良好。
   前者はほぼ全体に。液状なので着彩の他、仕上げのペン入れにも。
   後者は一色のみ。バンドのアクセ等に。意外とマットで塗る分にはマル。
   水性アルキド絵具(アキーラ)
   背景等。発色は良いけどこのボードへの馴染みは今イチ。普通の水彩紙向け。
   コピックスケッチ
   後ろのバカップル(笑)と動物達は主にコレ。ボードとの相性良好。
   水彩色鉛筆(ステッドラー)
   ほぼ全体の仕上げに。オールマイティーな脇役。これもボードには問題なし。
   コピックマルチライナー
   最初のペン入れに。水性、アルコール系どちらの画材にも有効。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
ただ、課題は大きな手描きイラストのデータ化。
A3までならコンビニでスキャンできるのですが。
我が家のガラケーでは縦横比の関係もあって、絵全体が収まらないんです。
その意味もあって、そろそろタブレットを導入する頃かしら・・・?、と。
(ちなみに理想はiPad Pro)

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 26 : 47 | ギャラリー(アナログ) | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://seta325.blog.fc2.com/tb.php/1560-89d309cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |