画材の色名事典(青系統・その83)
2017 / 02 / 11 ( Sat )
エーゲ海ブルー
エーゲかいブルー(エーゲ海ブルー)
Kobe INK物語 美術シリーズ限定色(NS/SL)
エーゲ海(Aegean Sea)は地中海の東北に位置し、キリシャとトルコに囲まれた多島海。
この海域で興った古代ギリシャで、約7000年間に西洋文明の礎とされる様々な文明が開花しました。
これら古代ギリシャの全ての文明を網羅する特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅― 」が、東京、長崎と続き、神戸でも行われています。
厳選された全325件の内9割以上が日本初公開となる、ギリシャ展としては国内史上最大級の展示会です。
今回も特別展を記念してKobe INK物語で期間限定色が発表されました。
開発した神戸ナカザワ文具センターの竹内直行氏によると、同製品の和田岬ブルーと塩屋ブルーを足して2で割った色に六甲アイランドスカイをほんの少し効かせた、との事。
エーゲ海の色をイメージした、明るくパンチの効いたブルーです。
また、パッケージにはミノス文明(前3000年頃~前1100年頃)の代表作の一つ「漁夫のフレスコ画」(前17世紀)が採用されています。
本作は、テラ島(別名:サントリーニ島)アクロティリの遺跡で、火山灰に埋もれたために色あせなかった絵画の一つ。
当時の絵画・工芸の技術の高さだけでなく、大漁に意気揚々とする少年漁師の様子から、当時の日常生活も伺えます。
なお、神戸市立博物館での「古代ギリシャ ―時空を超えた旅― 」は2016年12月23日から2017年4月2日まで。
展示会もインクも期間限定なので、お早めに。

兵庫キャナルブルー
ひょうごキャナルブルー(兵庫キャナルブルー)
Kobe INK物語No.58(NS/SL)
キャナル(canal)は、運河、人工水路の事。
神戸市兵庫区にある兵庫運河は兵庫運河とその支線・新川運河・苅藻島運河・新湊川運河の5つの運河の総称。
日本最大の運河でもあります。
海難事故が多い和田岬を迂回するために1874年に着工されましたが、工事は難航を極め、まず1876年に新川運河だけが完成、残りは1896年に着工、全体が完成したのは1899年12月の事でした。
この一帯は大正・昭和と商工業地帯として栄えましたが、やがて勢いを失っていきました。
その代り、青い空と海を取り戻した新川運河の水際に、1993年キャナルプロムナードが整備されます。
瀬戸内海に繋がる重要な水路に幾つかの橋が架けられ、改装されながら現在も点在します。
その中の一つ1924年に造られた大輪田橋は美しいアーチ型の石橋で、名前は神戸港の古名大輪田泊に由来します。
しかしこの橋は第二次世界大戦の末期神戸大空襲の時は水を求め避難してきた多くの市民が炎の犠牲になり、阪神・淡路大震災の時には橋自体の親柱が崩壊すると言う、歴史的な受難に見舞われています。
修築された今も、かつての悲劇の痕を所々に残しています。
インクにはこの橋から眺めた、青空が映り込んだ水面の色をイメージ。
市民の憩いの場に生まれ変わった兵庫運河を思わせる、穏やかな発色のブルーです。







FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
エーゲ海ブルー追記:
追加参考資料:NAGASAWAオリジナル 特別生産品「エーゲ海ブルー」インク情報

兵庫キャナルブルー追記:
追加参考資料:神戸市HP.兵庫運河今昔物語
      「近代建築watch」より「大輪田橋」、他

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 08 : 33 | 画材の色名事典(青系統) | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://seta325.blog.fc2.com/tb.php/1572-0f04ae2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |