画材紹介~水彩紙(アルシュ)
2017 / 11 / 16 ( Thu )
☆アルシュ(仏)
ナチュラル極細目/細目/荒目185g/300g
水彩紙の世界では最強と言われて久しい紙。
実際コットン100%であらゆる技法に耐え、しかも中性紙なので長い間変質しません。
紙色がナチュラルなのでやや落ち着いた発色になりますが、薄塗りでもしっかり色が乗ります。
しかしドーサが強過ぎるせいでペン入れがしにくいのが難点。

紙目が三種類あり、別々の個性を持ちます。

極細目:ダンボールの様な表面を持つ紙。
比較的ペン入れがしやすく、透明水彩やカラーインクの場合塗る箇所を水塗りすればぼかしもできます。
ガッシュやアクリルにも向いており、滑らかに塗る事ができます。
なお、コピックに使うユーザーもいるそうです。

細目:実際は中目と呼びべきかも知れない紙。
水彩の技法を難無くこなす上、発色も申し分ありません。
扱いやすいからか、この紙はよく用いられます。
640gもありますが、一般的には300gまでが入手しやすく、よく使われます。

荒目:一番凸凹が激しく、細目以上に主線入れが大変ですが、実は水彩界隈に於いてはこのタイプが主流。
国内外の多くの著名な水彩画家が愛用しています。
実際一度使ってみた所、ぼかしやにじみが見事に決まりました。
また、このタイプのみ640gと850gも存在。
これらはパネルにテープで留めれば描く事ができます。
当然丈夫なので、大作を描く時に用いられる様です。

大変高価ですが置いている画材店は多く、百貨店の画材コーナーにもあります。
シートの他、ブロックや店によってはお試し用のアソートパックも揃っています。
そんなこの紙の最大欠点は何故か臭い事
もっとも、ヘビーユーザーはこの匂いさえも受け入れている様です。


FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 40 : 14 | 画材紹介(紙・ボード) | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://seta325.blog.fc2.com/tb.php/1609-74a04867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |