画材の色名事典(青系統・その86)
2018 / 03 / 16 ( Fri )
DEEP BLUE2
ディープブルー(DEEP BLUE)
インクテンス0850(DW)
DEEP BLUE
ZIGアート&グラフィックライン036(KT)
ディープ(deep)は、(色調等が)深い、の意味。
色彩学ではダークよりやや明るい色調を指します。
基本の色名のはずですが、画材の世界ではプルシャンブルーやインディゴ等に押されてか、活躍の場があまりありません。
また、漠然とした色名のせいか、メーカーによって色調が異なります。

GOGH DEEP BLUE
ゴッホディープブルー(GOGH DEEP BLUE)
Kobe INK物語 美術シリーズ(NS/SW)
ボストン美術館の至宝展が2017年10月28日〜 2018年2月4日の間、神戸市立博物館で開催されました。
古今東西80点が勢ぞろいした中、最大の目玉は、ゴッホが手がけたルーラン夫妻の肖像画が揃って初来日したこと。
郵便配達人のジョゼフとその妻オーギュスティーヌは、アルルにおけるゴッホの一番の友人で、3にんの子供も合わせて肖像画のモデルにするなど、長く親交がありました。
やがてゴッホはゴーギャンとの共同生活に敗れたことから例の事件を起こし、アルルを離れ入院生活を余儀なくされますが、ゴッホの本来の人柄を知るルーラン家だけは優しい目を向け、ジョゼフが見舞う他、弟テオへ手紙を配達するなど引き続きゴッホを支えますが、マルセイユに転勤になったことから、ゴッホと別れざるを得なくなります。
この美術シリーズ第8弾となるディープブルーは「郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン」でジョゼフが着用していた郵便配達人の制服の色をイメージ。
鮮やかさと落ち着きを併せ持つ、Kobe INK物語の中では最も濃いブルーです。
特別限定販売なので、オンラインショップでご確認を。




FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
ゴッホディープブルー追記:
追加参照記事:「ゴッホとルーラン夫妻」前・後編 林 綾野 

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 00 : 31 | 画材の色名事典(青系統) | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://seta325.blog.fc2.com/tb.php/1619-5198cd7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |