画材の色名事典(緑系統・その99)
2018 / 03 / 19 ( Mon )
DEEP GREEN
ディープグリーン(DEEP GREEN)
ワイルドパステル(MW) オイルパステルU541(HL)、他
DEEP GREEN2
アクリルガッシュ45(TN)
DEEP GREEN3
クレパススペシャリストESP#131(TL)
DEEP GREEN2
ZIGアート&グラフィックツイン055(KT)
その名の通り、深い緑色。
ちなみに色彩学的にディープ(deep)は、PCCSの場合、ダークよりは明るく鮮やかな色群、IBSS-NBSではダークよりやや鮮やかな色群を指します。
先述のダークグリーンより多くの画材で採用されていますが、この色も色名の定義が漠然とし過ぎている為、メーカーによって色調が異なります。

ディープグリーン(1)
ディープグリーン(1)(DEEP GREEN(1))
ヌーベルカレーパステル085(TL)
ディープグリーン(2)
ディープグリーン(2)(DEEP GREEN(2))
ヌーベルカレーパステル100(TL)
カレーパステルにおけるディープグリーンの色群。
色調は(1)は色名通りですが問題は(2)。
同製品のブルーグリーン(1)と入れ替えたらいいのでは?と思える位青味が強いです。

GOGH DEEP GREEN
ゴッホディープグリーン(GOGH DEEP GREEN)
Kobe INK物語 美術シリーズ(NS/SW)
ボストン美術館の至宝展が2017年10月28日〜 2018年2月4日の間、神戸市立博物館で開催されました。
古今東西80点が勢ぞろいした中、目玉は初来日となったゴッホのルーラン夫妻の肖像画。
1888年、ゴッホはまず夫ジョゼフの肖像画を完成させ、続いて妻オーギュスティーヌの肖像画に取り掛かりますが、その途中でゴーギャンと衝突、例の事件を起こしてしまいます。
入院後も変わらぬ夫妻、特にオーギュスティーヌの優しさに報いたいと思う気持ちが原動力となり、ゴッホが懸命に描き上げたのが、美術シリーズ第9弾のモチーフとなった「子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人」です。
作品でオーギュスティーヌは子供を案じてか、ゆりかごの紐をしっかり握り、やや険しい表情を見せています。
様々な彩度・明度のグリーンが組み合わされていますが、その中から彼女の着用している普段着のドレスの色を思わせる深みのある落ち着いたグリーンが再現されました。
Kobe INK物語の中では最も濃い、やや青みの深緑です。
特別限定販売なので、オンラインショップでご確認を。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング
ゴッホディープグリーン追記:
追加参照記事:「ゴッホとルーラン夫妻」前・後編 林 綾野 

なお、ボストン美術館の至宝展は、名古屋ボストン美術館で開催されています。
2018年7月1日までですので、お見逃しなく。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 14 : 26 | 画材の色名事典(緑系統) | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://seta325.blog.fc2.com/tb.php/1620-61ff49a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |