芸術三昧2018〜その4・四天王寺ワッソ
2018 / 11 / 06 ( Tue )
4日、四天王寺ワッソに行きました。
今年は結成40周年の金徳洙(キム・ドクス)サムルノリが参加すると言うことで、どうしても行きたかったのです。

この日は快晴とまではいかなくてもなかなかの好天でした。
まず、観客を出迎えたのはたいしくん、まなりくんと言ったゆるキャラたちでした。
続いては、おなじみの白頭学院伝統芸術部。
彼らのサムルノリは急激にレベルが上がっていますが、その様子をやはりサムルノリの扮装の小学生くらいの子供たちが見ていたのも印象的でした。

そしていよいよ金徳洙サムルノリが登場しました!
1986年に来日した時のメンバーはキムさんだけでしたが、予想を超えるパワフルさに圧倒されました。
本当に来て良かったと思いました。

しかし、今年はいつものプログラムも充実していました。
いつものメンバーのラジオ歴史劇のテーマが「朝鮮通信使と雨森芳洲」。
ほとんどミニコントながら、巡行に登場する対馬の儒学者・雨森芳洲の人物像や活躍が初めて明確になりました。
また、今年は芳洲に彼の子孫が扮し、会場を驚かせました。

今年の巡行は韓国から百済文化祭の広報スタッフや小学校の伝統芸術部の子供達なども参加していつも以上に華々しかったのはいいのですが、後半、百済の辺りから参加者が多過ぎて渋滞気味になってしまいました。


なお、来年は11月3日(日・祝)に開催されることが決まっています。



FC2 ブログランキング 週刊ブログ王 人気ブログランキング

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 21 : 16 | ライブレポート | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://seta325.blog.fc2.com/tb.php/1663-63ce67b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |